どこまでもふわスピ追求道

ロジカルにスピリチュアルを追求することを諦めたアラフォーの日常を綴ります

ワタシのふわスピ的教育論w

こんばんは。

 

今日は一年ちょいぶりの友達と飲んできましたw

前職場で一緒だったけど、在職中はあまり接する機会がなく、お互いが退職してから交流しはじめた友人。

ワタシは前職のおかげでどっぷりとスピにハマり、現在の考え方、生き方に繋がったのだけど、この友人は自力で自分の生き方に気付き、好きなことをやるために今を生きる選択をした人。

ふわスピ全開のワタシと、逆にスピ系のことはまったく知らない彼女ですが、辿り着く考え方が同じなことに驚くばかりです。

 

とはいってもそんなに変わったことじゃなく、今持っているこの命をどう生きるか、的な考えが一致しているってことですが。

人に言われて動くんじゃなくて、自分を大切に、自分の意志で生きよう!ということ。

このまま3年後の自分に現状維持を望むのではなく、時が経つにつれて幸せな自分になっていたいと願うということ。

そのためにはできることや面白そうなことはとりあえずやってみる。何事もやってみなけりゃわからん!という体感至上主義w

 

その流れで、学校教育とか、子供を育てるうえで大切にしたいこととかについても語ってきました。

 

我が家の子供たちは、教師からしたら不出来な方に入ると思います。

たびたび指導が入ることからも、できてないと思われてるな、というのは感じますし。

そして、その現実を創っているのは自分であるということにも最近気づきました。

 

ワタシは人から「変わってるね」と言われることにヨロコビを感じるタイプなのです。

人と同じでいたいけど、でも、人とは違う自分を見てほしいという思いも持っていて、ふといわれる「変わってるって言われるでしょ」にニヤニヤしてしまいますw

 

ただ、本当に敷かれたレールの上を進むなんてまっぴらごめんだ!!!というのは学生時代からあって、小学校低学年で自力で帰れないところまで出かけて警察沙汰になったり、親の勧める進学校に入りながらも勝手に週休三日制度を導入して無断欠席したり、『ちゃんとしてるフリして実はちゃんとしてない自分』に酔ってたんですね。

NARUTO以上の意外性ナンバーワンを目指してたのかもw

 

なので、育児に関しても教科書通りではなく、違ったことをするのがいいと思い込んでるところはあると思います。

もちろん、それだけではなく、現在の学校教育がただの洗脳であり、時代にそぐわないものであるという考えもありますが。

 

まぁ、だからちょっと教師の目に付きやすい子にしてしまったかな、という意識はあります。

 

 

ワタシが子供の成長の上で望むことはただひとつ。

自分自身の種を育て、自分だけの花を咲かせて、人生を実り多き体験として生きてほしい

ということ。

 

そして、いくら子供だといえ、そのセンサーはもうすでに作動していると考えています。

 

だから、好きなだけ動画みせるし、好きなだけゲームもやらせる。

宿題や学校の成績について口出しもしません。本人にその結果についてどう思うかを訊ね、その上でどうするのかを決めさせて、そうさせる。

親や教師の言うことを鵜呑みにして自力で考える力をなくしてほしくないのです。

 

こと育児に関してはそれこそ親の数だけいくらでも考えがあり、その中でもこれ!とい正解はないものだと思います。

 

ついつい、自分はこうだったから、子供にはそうなってほしくない的な親の都合で子供について考えがちですが、子供は子供であり、あなたではないのです。

子供が悩み、苦しんでいたとしても、まったくそのままその苦しみを変わってやることはできないのです。

親ができることは、ただ見守り、その体験を自分のものとして力にしていけるように導くことだと思います。

こうしなさい、ああしなさいはただの自己満足。本当に子供を伸ばしたいと思うなら、まず、~しなさいという表現にはならないはずです。

押さえつけて従わせる時代はもう終わったのです。

 

学歴主義も時代遅れだと思います。

いくら大卒でもその後の保証なんてないし、終身雇用なんてものも時代の遺産みたいな感じだし。

どこの学校を出たからこの仕事を、なんてことはやりたい人だけでやってりゃいいこと。

それがやりたいならそうすればいいし、そうでないならそうでないやりたいことを選べばいいだけ。

自分で自分の生き方を決めることができる時代になったんです。

今までの考え方にはない、自由があります。

自由には責任もあるかと思いますが、自分で自分の人生に責任持つなんて当たり前。

人生のハンドル握ってるのは誰ですか?ってハナシですよ。

YOUは何しにこの地球へ?

YES、自分を生きるためでしょ!

 

ここで生きている一瞬一瞬を自分のためだけに使おう。

それだけがこの世界を心地よく生きていくための最重要項目だ。

ふわスピ本を読んだ結果

こんにちは。

 

あれから数冊ふわスピ本を読んでみました。

 

しばらくは「こんな本に依存してはいけない!」と思い、でも、どうしてもその手の本が目についてしまうために意識的に足が遠のいていた本屋にも行って久しぶりにゆっくりと棚を眺めました。

 

 

いやぁ、相変わらずですね、この業界(笑)

 

タイトルこそ違えど中身はほぼ同じとわかっていながらパラパラとめくっては戻し、めくっては戻しの繰り返しの中、二冊買ってしまいましたよ。

 

 

で、早速読んでみての感想なんですが、一言で言うなら『買うんじゃなかった』かな。

 

やっぱり同じことだった。

それなら知ってた。

 

最初はあのぬるま湯に浸かっているような感じが心地よい気がしたけど、二冊目に入った時点で、苦悶式の身を切るような冷水が恋しくなり、読むのをやめてしまいました。

 

 

そんな中での久しぶりのH氏のメルマガ配信。

 

やはりこっちも捨てがたいw

 

人生を自分の納得できるものにすることは非常にシンプルだけど、それは今の地球のルールに縛られていると状態の人間にはとても難しい。

 

 誰もが本当は正解を知っているのに、そこに勝手な自分の都合を乗っけるから正解とは逆に進んでいってる、と。

 

ヒトっていうのは(自分も含め)どうしてもラクをしたい生き物らしいw

 

どう考えてもそっちが正しいとわかっているにもかかわらず、○○があってそれは無理、とか、まだその時ではない的な根拠のない言い訳とかでわざわざ好き好んで正解から遠ざかっている。

 

マジコントwww

 

我が道を行き、望む人生を手に入れたいのならば、そういった雑音を遮断すること。

 

これまで周りに合わせ、他人の感情に敏感になってしまった人にはかなりのハードルの高さです。

 

自分がそうだったからよくわかります。

 

自分の意見を貫こうとするけど、いや、でもここでこうしたら相手に悪いとか、嫌われるかもとか、そういった心配が出てくるんですよね。

 

しかーし!

 

やってみてわかったんですが、意外と人は自分のことなんて気にかけちゃいませんよw

それに、自分の思いを貫けない相手ならいらない関係なんだ、と割り切ってみたら案外受け入れられちゃう!といったことも体感できます。

 

というか、本でもブログでもなんにせよ実際に自分で行動しないと体感はついてこない、行動ありき!というのはワタシのモットーでして、頭でっかちでは何も変わらないと信じてます。

 

引き寄せでも成功法則でも結局は自分なんです。

自分の人生を生きることができるのは本人である自分だけ。

いくら憧れの人生を送る人がいようとも、同じ道は歩めないのです。

 

どうやら地球上に男性は35億人いるらしいですが(←ブルゾン調べw)全体では72億くらい?いるみたいですね。(こっちはWikipediaより)

だとしたら、最低でも72億通りの人生があって、72億の世界があるわけです。

我々はもともと一つであり、様々な体験をするために分離した、といわれてますが、今現在で単純に72億、前世とか含めたらもうそれこそ数えきれないほどの世界というか宇宙が存在してると考えたら・・・

 

どんだけやねん、宇宙!!www

って言いたくなったわ~

 

そんだけあったらもう正解とか間違いとかどうでもよくて、ただひたすら人間としてそこに存在してるだけでいいんじゃ?と思えてきた。

 

嬉しいとか悲しいとかはそれぞれの個体の主観で、宇宙にとってはただのデータ。

集めたデータをどうしたいのかはわからないけど、そんなことに振り回されるのはごめんだぜ、、、とも思うなぁ。

 

宇宙ってば否定語とかも理解できないらしいしw

 

う~ん、相変わらずなにを言いたいんだかわからない記事になってしまった(-_-;)

 

でも、思いつくままに書いたこの「宇宙にとってはただのデータ」ってとこがワタシ的には重要な気がしてます。

 

最初に基本機能としてどうすればいいかの正解がわかる機能はつけといて、そのあとは何のジャッジもせずただ起こるままに任せてデータとってるって、、、

 

わざわざ違う方を選ばせようとしていろんなイベント起こってるとしたら…?

正解以外のルート選ばせるためにいろんな縛りのある地球に生まれているとしたら…??

 

やっぱ、何をどう選択しても間違いではないってこと???

 

考察は尽きないけど、なんにしろ、ガンガン動いて試して楽しんだもん勝ち!ってことかもね☆

帰ってきたふわスピ読書とミラクルタッピング

こんばんは。

 

先日ある本を読みまして、こういうスピ系にハマりだしたころやってた初歩的なことをもう一度ストイックにやってみようと思い立ち、早速ここ数日続けてみてるのですが。

 

当時は早起きしてその日のいいことの先取りでノートに書いてみたり、ありがとうを一日千回言ってみたり、寝る前にアファメーションを聞いてみたりと、まぁいろんなことに手を出して、やるだけはやってたけど、結局特に効果も感じられないままいつの間にかフェードアウトしていってたものもたくさんあって。

 

その中の一つに「ミラクルタッピング」もありました。

山富さんという方が開発され、たくさんの人を幸せへ導いているタッピングの手法で、とてもシンプルだけど効果抜群!といったものです。

確かに幸福感は湧いてくるし、不安などの感情もなくすことができます。

ただし、私の場合はその一瞬だけでした。外したはずの不安も時間が経つにつれて戻っていました。やり方がうまくなかったのかもしれませんが、、、

 

そんなわけでいつの間にかやらなくなってずいぶん時が過ぎていましたが、改めてもう一度やってみようかな、と。

本心から信じ切れていなくても、もしかしたらちゃんと続けたらなにかしら変化があるかも?という思いがなぜか湧いてきたんです。

 

で、やり始めてどうなったかというと!

 

 

それからまだ三日なんですが、確実に効果が出ています!!

 

初日はなんだかわけもわからずただただ幸せな気持ちで胸がいっぱいになり。

次の日には私にとっては思いがけないことが起こり始めました。

 

同じキーワードのシンクロや、欲しかったものが手に入ったり、失敗したな~と思ってたことが結果なぜかうまくいっていたり・・・

 

こうなったらいいなと思うことがどんどん実現していくんです!

 

ひとつひとつは小さなことですが、今まであまりよい結果がでてなかったこともあり、どんなことでも喜びを感じます。

 

この流れは、今まで手を出したモノたちも実はちゃんと繋がっていて、最初のころよりは潜在意識とのパイプの詰まりが解消されている結果なのか?と想像してます。

 

読んだ本というのが結構基本的な宇宙の法則の仕組みを解説してある本だったので、読んでいるうちに初心を思い出した訳なんですけども( ´∀` )

 

さらに言うと、その本は去年知り合い(といってもあいさつ程度)がバッグに入れていたのがチラッとみえて、あぁ、こういう本読む人がこんなに近くにいるなんて!と思ったけどそのことには触れられず、その後妹にも勧められたけどまだ読む気にならず、それから半年ほど経って、先週違う本を探して入った書店で目当ての本がなくてなぜか買う気になって手に入れた本。

 

タイミング的に今だったんでしょうね。

 

やっぱわたしにはロジカルスピリチュアルより、ふわったスピリチュアルが合ってるんだわ(*`艸´)

でも、もう、それでいい。

なんだか馬鹿にされてるようで、なんとか根拠を見つけて実際に証明できることじゃないと信用できない!とか思ってたけど、そのせいでがんじがらめになって苦んでるんじゃ何のためにスピリチュアルに興味を持ったのかわかんないし。

 

馬鹿にされてるとかも実際自分が思い込んでるだけかもだし、だいたい誰が馬鹿にしてんだ?ってハナシだしねw

 

これからは堂々と自分の信じる道を突き進むのみです!

 

 

ちなみに、わたしがやってるタッピングは、お風呂でゆったり湯船につかりながら数分程度のタッピング+ありがとう、です。

 

リラックスしながらってとこがポイントかな~と思いますので、興味がある方は軽い気持ちでやってみたらいかがでしょw